仲間を知る

工事部課長

経験年数5年工事部課長

仕事を一通り覚えるのに5年くらいかかりました
そもそもこの職業に就くまで塗装という仕事があることも知らなかった自分ですが、入ってみると本当に覚えることがとても多く、一通りのことができるようになるまで、5年はかかりました。でも、そのぶん、やりがいがあり、一つの仕事を終えたときの達成感は何ものにも代えがたいものがあります。仕事は本当に充実しています。
工事部主任

経験年数5年工事部主任

応募を決めた理由は福利厚生の充実でした
塗装にもともと興味があったわけではないのですが、求職していて、友美装の情報を見たときに、福利厚生面が良かったというのは、応募の一つの大きな理由になりました。実際、入ってみても、本当にその点は安心で、日々、仕事に集中できています。
Y.S

経験年数10年Y.S

自分のやり方で進められるから、働きやすい現場。
当社の職人は、全員が職長です。それぞれに現場を任されています。仕事の進め方は職長一人ひとり違うので、フォローでその現場に入る時はその人のやり方に合わせて、作業を進めています。私の現場に他の職長が入る時は、私のやり方に合わせてもらうわけです。上司であっても。みんながどの流れでもすぐに対応できます。
M.I

経験年数10年M.I

いろいろメリットが増えました。
面接では給与額のスムーズに取り決めができました。いままで通りに暮らせるように、プラス付加価値も考慮していただいて・・・前の会社では社会保険に入ってなかったので、今後、社会保険や年金に加入しないと作業がやりづらくなるということもあり、正社員として入社しました。家族も安心しています。
K.W

経験年数30年K.W

若い人からの新しい発想は柔軟に取り入れる。
社内の若い人に関しては、教えることはほとんどないほど十分に出来ています。経験が長いから、年上だからといって、わざわざ出しゃばって教えなくても、こちらが思っている事をすぐに読みとって対応してくれるので、特にこれといった指示を出さなくてもスムーズに事が運ぶので、上に立っていると楽かもしれませんね。
S.O

経験年数10年S.O

大型マンションの職長にもトライ中!
3年ぐらい前から一棟丸ごと任されて、職長として働いています。どんどん経験を積んで、いまは自分から志願して大きなマンションの職長をやらせてもらっています。徐々にステップアップしてきているつもりです。大型マンションやビルを当たり前のようにこなせるようになりたいですね。
取締役  K.I

経験年数30年取締役 K.I

大型施設でも住宅でも、手掛けた仕事は忘れない。
十代の頃は関東で塗装の仕事をしていました。幕張メッセや東京ドーム、ディズニーランドの第二工事、成田空港の第二ターミナルなどを手掛けました。テレビなどで映像を見たりすると、いまでも当時のことを思い出しますね。物件が住宅に変わっても、街を車で走っていると、(ここを手掛けたんだな…)とすぐに思い出しますね。十年ぶりに見ても、忘れない。見た目で残る仕事なので。
取締役 T.S

経験年数22年取締役 T.S

頑張った分だけ、ボーナスで還元。
この業界ではボーナスが出るとしても微々たるものですが、弊社はかなり優遇して社員には喜んでもらえるような金額で還元しています。ボーナス支給のときにはみんながイキイキしていますね。これも社員を大切にするという社長の意向の表われです。
総務 K.O

経験年数6年総務 K.O

初めて塗装を経験し、その後に本来のプロである総務へ。
震災で山元の自宅が流されて、仕事もなくなったため、家内の実家がある仙台に引き上げてきました。塗装現場の片付けの仕事があるということで、ご縁をいただき、未経験ながら一年半ぐらい塗装の現場で学びました。そのおかげで塗装の工程や危険のリスクも知ることができて、職人さんたちとも仲良くなることができました。

採用情報はこちら

採用情報/エントリー
^