仲間を知る

経験年数10年S.O

S.O
職長の技術をどんどん盗んで、一人前に!
塗装職人として一人前になるためのポイントは、素直に上司の意見を取り入れることだと思います。いくら仕事ができる職長でも、長所と短所は誰にでもあるもの。各職長の良いところはをどんどん吸収して、悪いところは取り入れないでいくことが、近道なんじゃないかなと。一から十まで教えてもらえるわけではないので、質問することは恥と思わないで、疑問に思ったことは素直に聞くことも大切です。

私は20歳ぐらいからこの世界に入りました。まわりは十代から始めている人が多かったので、その分遅れを感じて、少しでも早く習得するように、万事怠らずに励んできたつもりです。
大型マンションの職長にもトライ中!
3年ぐらい前から一棟丸ごと任されて、職長として働いています。どんどん経験を積んで、いまは自分から志願して大きなマンションの職長をやらせてもらっています。徐々にステップアップしてきているつもりです。大型マンションやビルを当たり前のようにこなせるようになりたいですね。
自分の成長が、仕上がりとして目に見える仕事。
新築住宅やマンションでは直接お客様を見ることはできないけど、住宅の塗装リフォームでは自分たちの手で見違えるようになるとうれしいし、それがお客様の喜びの感情としてダイレクトに受け取れるのは、すごくやりがいがあります!

実際、自分たちが完了した時点では、まだ足場は残っているわけです。きれいな外観の全貌が見ることができない。それが例えば一年後とかに、その家の前を通った時に「オーッ!!」と。見慣れていても、あらためて新鮮に感じ、そういうのはうれしいですね!

そういえば、ご飯を食べに行ったときに、その食堂でお客様がたまたま働いていて、「この前はどうもね。」とサービス券を頂いたりとか。そういう人と人との交流はお互いにうれしいですね。

目に見えて自分の成長を感じ取れるのも、この仕事の良いところです。塗料によっては塗るのが難しい種類もある。以前よりも今の方がうまくなっている、腕が上がっていると、誰よりも自分自身がわかるわけです。
当社は技術も、スピードも、お客様対応も、業界トップクラスと自負しています。

1日のスケジュール

AM07:00AM07:00~

採用情報はこちら

採用情報/エントリー
^